HAWE China Wind Power 北京:

風力発電モジュラーデザイン機能

HAWE Hydraulikは2017年10月17日から19日、北京のChina Wind Powerにおいて、風力発電用の省スペース化および信頼性の高いソリューションを展示します。当社の専門家が今までの経験を基に、当社の豊富な製品群から継続的に機能の向上をご提案します。今日の機能革新は安全性と使いやすさを向上させたローターロックとブレーキ機能です。

当社ブースW214-216. でお待ちしております。

 

Wind Power 2017では貴社の抱えている問題点を解決できる製品をご提案します。:

Germanischer Lloyd認証シートバルブ付きブレーキモジュール

シート形方向切換バルブは、停止位置での漏れがありません。ブレーキモジュールを使用すると、ブレーキ圧力は確実に保持します。 ポンプを一時的に稼働させる必要がなく、圧力損失を補償するアキュムレータは必要はありません。 これは、完全な停電中であっても作動圧力が7日間保持します。

ヨーブレーキを開閉するコンパクト機能モジュール

機能モジュールはブレーキを開閉するための直動形シートバルブが含まれており、風によりナセルを再配置するための保持圧力を調整し、メンテナンス時にブレーキ回路をフラッシングする時に使用します。寿命が20年間保証され、各機能のコンポーネントが正常に作動するためにはブレーキ回路の性能が維持されなければなりません。各モジュールを統合することでコンパクト化でき、作動時の信頼性が向上します。

両手操作による安全なロータロックモジュール

ローター用機械式ロックシリンダはオペレータがロックボタンを引き上げ、もう一方の手でモジュール上のハンドレバーを動かしたときのみ作動します。次にハンドレバーが切換位置にロックされます。シリンダを作動させるときはロックボタンを再度押さなければなしません。このバルブは電気での作動制御も可能です。

ローターブレーキ分散制御

コンパクトユニット タイプKAは、場所を取らない寸法が風力発電のロータブレーキの分散配置に適しています。そのため、今までユニットの設置と配管接続作業は高い費用を伴いましたが、コンパクトユニットを使用することでその作業を軽減することができます。特に工場の面積が大きくなることで油圧ユニットと油圧アクチェータ間の距離も増えるため、アクチェータ間の距離を軽減できる直付けのコンパクトユニットは非常に重要になります。この今p買うとユニットはすべての機能モジュールの装備が可能なため、いろいろな用途に対応できるソリューションです。